未分類

Robert’s work

今月のプッインはクリスマス月間です。

クリスマスの動くメッセージカードを作ったり🎄

昨日の23日はプログラミング以外のパソコン操作💻勉強も兼ねて、そして日頃の練習の成果を見るために

⌨️タイピング競走大会をしてみました🎉⌨️

270文字(アルファベット)を何分で入力できるかな?

いつもは、タイピング練習アプリで練習しますが、今回はシンプルに入力作業です。

そうです、これがいつもより何倍も難しいのです😆

というのは、タイピング練習アプリはパソコン画面だけを見て画面に表示された通りにキーボードでタイプするだけです。

アプリのメリットは正しい指のポジションを記憶させる為に有効です。

ところがアプリと違ってレポート入力はたくさんのデメリットがあります!

しかしすべて技術と学習となるメリットに変化します💫✨

お父さんお母さん!社会人のみなさん、学生さん!レポートを簡単に作成できますか?

慣れていないと、イライラしたり💦肩が凝ったっり😭・・・・・しませんか?

大変ですよね!シンプル入力は

①紙と画面を交互に見ながら指をうごかします。

②キーボードポジションを覚えていない場合は、さらにキーボードも見ないといけないので、目の動きは3箇所に増えます!

③スペースや改行キーも使います。

④もっと面倒なのは、記号!「!」、「-」「’」などの記号はシフトキーを押しながら該当キーをタイプする必要があります。

⑤もし間違えたら、back spaceキーやカーソルを動かしたり、時には、カナ入力になってしまったら直接入力に戻さないと!!

などなど、アプリと違ってとっても面倒な作業が発生します!

いつもはタイピングになれた生徒さんも、最初は

?△*○%#@▽??あたふた💦

ですが、途中から手慣れた手つきで普段使い慣れないキー操作を駆使します。

両手指先と目の移動の連動は脳を最大限に活性させ、かつ集中力を最大限に引き出します。

ついでに、windowsのパソコン基本操作も自然と学べます!

実際に270アルファベットをタイプするのに、普段の何倍も時間がかかり、

みんな、20分から60分以上かけて入力しました。

ところで大人でも60分以上の入力だけで集中は無理ですよね!😭😉

普段はお喋りしながらだとか、集中力がすぐに途切れてしまうN君は

「タイム計るよ!誰が1位か競争だよ!」にやる気を出して見事1位。

ダントツトップ1位ですが、20分も完全集中して頑張ったことに拍手です👏👏👏

ミスタッチがないか確認しながら丁寧に取り組んだR君👏👏👏

そして最年少の小1のA君、いつものアプリでは指の指示もあるのでタイピング練習なのでキーボードの配列も完璧にまだ覚えていなくても打てますが、

今回はは大変!アルファベットの配列も曖昧なうえに、どの指を使うのかも覚えていないので入力が思うように進みません!

集中力も大変なので、60分あたりで止めようとしましたが、本人は最後までやり遂げたい先生のストップを振り切り見事!70分完全集中で達成!

素晴らしいです👏👏👏👏👏

みんな最後まで入力完成💻

実はタイピングしてもらったものを読んでもらうと、

「赤鼻のトナカイ♪(Rudolph the Red-Nosed Reindeer)」英語の歌詞でした🎵

歌詞のストーリーはご存知、主人公のトナカイのルドルフ君は鼻がピカピカなのでいつもトナカイ仲間からバカにされていたけど、視界の悪い雪の日の道案内にその鼻が役に立つんだよとサンタさんから絶賛されたおかげで、仲間のトナカイさんたちからも一目置かれる存在となった…というお話です。

実際に作者ロバートさんの実生活が元です。奥さんが癌でした。更に貧しい暮らしで、娘さんは「ママがみんなと違う」「うちがよそと違う」に劣等感と寂しさを感じさせたくない気持ちから作られたお話です。

とても素敵な気持ちが込められていますので、是非詳しくはググって調べてみてください!

ググると、、

広告代理店で奥さんの病気、貧しさなどでこの赤鼻のトナカイの小冊子出版を最後まであきらめなかった感動ストーリーも知ることになるでしょう!←むしろこのストーリーを知って欲しい!

是非、この歌詞を通して今の子どもたちにも、

劣等感を感じず、自分の得意を伸ばす。集中力と地道な努力で必ず達成できる!

プログラミング学習がとつながるこのメッセージがいつか子どもたちに伝わればな・・・・と思い、この歌詞のタイピング入力を選択しました。

A君!

最後までやり遂げてくれたので、プットイン先生はホントに感動しました!😃👏✨

素敵なクリスマスを💫✨!!

Have a holly jolly Christmas!🎅😃

※プットインでは英会話も学べますよ!